ヒライソガニ1 ヒライソガニ Gaetice depressus
                   十脚目モクズガニ科
 甲幅:2.5cm
 採集・購入時の甲幅:1.5cm
 飼育数:2
 餌やり:楽
 性格:凶暴

 

色彩変異が魅力

 磯ではふつうに見られるが、近場では地形変化で岩の露出が増えてから、晩秋に少し見られた。写真だとケフサイソガニ系と区別しにくいが、実物はかなり背中が平たく慣れると区別できる。性質上多く飼育できないので、惜しみながらも黒っぽいオス1匹を持って帰った。大きなオスのタカノケフサイソガニや小さいモクズガニと飼っていると、すぐハサミが1つなくなった。これはモクズガニもだったが、ヒライソガニは編成変更でもう一度一緒にした時、またハサミがなくなった。オスだからなのか、種類的に狙われやすいのかはわからない。モクズガニは大きくなって、全く無事であった。タカノケフサイソガニがそこそこ脱皮している一方で本種は全く脱皮せず、ケフサイソガニ系より成長が遅いのかもしれない。

 その後また晩秋に見られ、太いT字模様が気に入ったので上の画像の個体を採集した。水槽に入れて餌を食べないと思ったら、すぐ脱皮した。毛房のないオスのハサミは立派で、スマイル模様の個体がいるほど色彩変異が豊富なため、隔離ケースを使うなどして長く飼うのもいいだろう。

inserted by FC2 system