オウギガニ Leptodius exaratus
                   十脚目オウギガニ科
 甲幅:3cm
 採集・購入時の甲幅:2.5cm
 飼育数:1
 餌やり:楽
 性格:一応大人しい

 

脚が短く石にそっくり

 オウギガニ類はハサミが大きく脚が短いカニで、イソガニ類より動きが遅い。植物質の好きな種が多く、スベスベマンジュウガニ等が動物質を好む。普通のオウギガニは石にそっくりなことが有名で、ところによるが普通に見られる。つかむと死んだふりをする性質があるが、挟まれると痛そうなので普通のカニと同様側面をつかんでいる。おとなしいかと思っていたが、小さいショウジンガニと一時的に一緒にしたらはさみが一つなくなった。魚にはおとなしそうだが他の生き物にはそうでもないようであり、それ以降カニとは一緒にしていない。だが、その後も隔離ケースの別の部屋から移動してきたトゲオウギガニを食べたり、小さいヨツハモガニと接触すると即食べようとした。この時は妨害すればすぐ放したが、結局仕切り板をどけることを覚えて食べてしまった。肉食性が強いようで、他の甲殻類と一緒に飼ってはならない。

inserted by FC2 system